bino

新築1年で述べ100人超、人が集まるくつろぎの家
(茅ヶ崎市T様)


2017年10月/家族構成:夫婦+(鳥)

_73A2945

2016年夏、西川リビングのモデルハウス、茅ヶ崎市堤のWAVEと出会い、まだ土地も決まっていないなか、WAVE32を建てるというゴールを設定したT様夫婦。通常のWAVEのプランよりも広めの土地が必要で、探しに探して結果見つかったのは、当時賃貸で住んでいた家から目と鼻の先。ご結婚後10年住んだ家のすぐそば、ご近所様もバス停も変わらないという理想的な土地に新築するとこになりました。もともと家で楽しく過ごすのが大好きなT様ご夫妻、さらに楽しく、人が集まれる家ができました。

リビングダイニング

人が集まる家に欠かせないのがキッチンからつながるリビングダイニング。お料理が大好きな奥様こだわりのキッチンは、4人入っても余裕のスペース。お酒を飲みつつ、おしゃべりをしながらお料理ができるという夢のような空間です。食器収納も基本がパーティー仕様、引き出しを引くと一目で食器のラインナップがわかり、セレクトしやすい環境が整っています。通常キッチンは物が多く、カラーも煩雑になりがちなところ。そこは奥様がしっかりとカラーコーディネートにこだわり、色数を抑えて落ち着いた大人の空間になっています。

リビングやホビースペースとも一体化、たくさんのゲストが好きな場所で好きなことをしながら過ごしている様子を見渡すことができます。さらにリビングからつながるテラスは通常のモデルより広く、窓も規格外。自宅にいながらちょっとしたアウトドア気分を味わうことができます。

_73A3221

ホビールーム

リビングにつながる一つ上のフロアーは、ピアノがあったり、ペットの鳥のお部屋があったりしますが、一番目を引くのは何といっても高いレンガの壁に取り付けられたブラックのフォトフレームのようなもの。実はこれ、シンプルかつモダンなガス式の暖炉なんです。レンガの壁と暖炉の炎がマッチして、見ているだけでも幸せな気分になってしまいます。実際温まるのも早く、ほかの暖房器具にはないじんわりとしたうしろから包まれているような温かさと、ビジュアルが魅力です。寒い時期はパーティーの中心的存在になっています。

寝室

シンプルな作りながらパッと目を引くグリーンのお部屋がお二人の寝室。全部屋に共通することですが、全ての壁にはクロスを使わず漆喰を使っています。漆喰にこだわったのは、クロスだと少し傷がついたり、剥がれた時の修繕が全面に渡ってしまうこと。漆喰であれば、その部分だけ自分で修理することができます。実はすでにご自身で修理した箇所もありますが、言われなければ全くわからないレベルでしっかり直っています。(笑)

将来的にはご実家から仏壇を持ってくる想定をされていて、寝室には仏壇を置くスペースもすでに用意しています。将来を見越して準備する周到さ、家づくりには必要かもしれません。

_73A3088

ガレージ

大のバイク好きのご主人専用スペース、外からも中からもアクセスできるガレージ。バイクを調整するツールやそのものが絵になるツールボックスなどが整然と並んでいます。ご夫婦の趣味であるスノーボードもこのスペースに。バイク整備をしながら飲めるようにコンパクトな冷蔵庫まで。なんでも楽しみながらやるT様流のしつらえです。

湿気対策アイディア

洗面室の壁にはLIXILのエコカラットを採用。部屋の湿度変化を安定させ、ちょうどいい湿度を保ってくれます。洗面室だけかと思いきや、そこは奥様のアイディア、お仕事で使う和服を保管しているお部屋の壁にもエコカラットを活用。見た目の素敵さだけでなく、しっかりと機能も追求しています。

_73A3076

ゲストもホストも楽しめる空間に

暮らしているのはお二人だけですが、いつでもゲストをお迎えできる暮らしを実現しているT様。各部屋に特徴的なコンテンツがあり、ホストもゲストも皆リラックスして同じ時間を過ごせる造りになっています。空間だけでなく、その空間に置くものも厳選してセレクトされたものばかり、ご夫婦のセンスが光ります。

<取材後記>
弊社のお客様が口を揃えておっしゃるのが「私たちのわがままをたくさん聞いてもらった」という言葉。T様もしかり。しかし、規格住宅とはいえ、お施主様の個性あっての家づくり、たくさんわがままを言っていただいて、それをどう実現できるかを考えるのが私たちの仕事です。こうしてお住いのお客様を訪問し、「わがまま」を反映できたところを一緒に振り返るのも楽しみの一つです。

_73A3154