bino

生活に趣味のサーフィンを取り入れたい

お引き渡し:2015年1月 / 家族構成:夫婦・子ども(3歳)


夫婦共通の趣味がサーフィンというKご夫妻、都内在住の頃から千葉や湘南に波乗りに来ていたそう。将来湘南に住めたらいいな、くらいの気持ちで家探しを始めました。家探しを始めてすぐに、大好きな湘南の海から400mほどの場所に良さそうな物件を見つけるも、都内で働くご主人の仕事のタイミングとなかなかあわず見送りに。その後、建売の物件をたくさん見てもピンとくるところがなく、諦めかけていたところ、Bino湘南・西川リビングとの出会いがありました。

気に入った物件を見つけようと、粘り強くインターネットで情報を収集していた奥様。西川リビングに出会った頃にはすっかり住宅に関する情報収集のコツを体得していました。初めて西川リビングのウェブサイトでBinoを見た時、「これだ!」と、ときめいたそうです。しかし、気に入った物件の立地は海から離れ、どちらかと言えば茅ヶ崎の山側エリア。生活の中で趣味のサーフィンを楽しむには少し距離がありました。それでもこの物件に惹かれるものがあったということで、西川リビング代表の西川ともゆっくりと話しをする機会を持って頂きました。

実は、西川もK様のお宅のすぐそばのBinoに家族3人で住んでおり、趣味のサーフィンをするのに海まで自転車で通っているのです。サーフィンをするなら海の近くでなくちゃダメ、というわけではありません。茅ヶ崎に住む人は、割と海から遠くても自転車やバイクで海まで行き、サーフィンを楽しんでいます。そして海から離れている分、塩害に悩まされることもなく、夜は静かに過ごすことができるわけです。同じく近所に住んでサーフィンを楽しんでいる西川の話を聞き、サーフィンをするためのライフスタイルの概念が覆されたというご夫妻、海の近くでなくても良いことに気づいたそうです。

img_01
img_02

一人娘のための決断

そんな趣味の話から広がり、代表の西川と意気投合。西川もこの物件を買っていただくならぜひKご夫妻に、と思うように。様々な物件を見て、たくさんの営業マンに出会ってきたKご夫妻も、西川に大きな信頼を寄せてくださるようになりました。都内から湘南へ、アパートから一軒家へ、賃貸から持ち家へ、という変化は本当に大きなもの。Binoに出会ってから決めるまで、さほど時間を要さなかったKご夫妻の決断は、一生に一度の大きな買い物、自分の人生で何を大切にしたいかを再確認し、一人娘のSちゃんのために決めたそうです。

まるでジャンクルジム! スキップフロアの楽しみ方

とにかくこの家に住み始めて家族3人の距離がますます近くなったそう。お友達を呼んだり、そのおもてなしを家族3人でいろいろ考えたり。飲食店で働いているご主人も、人を迎え入れられる喜びをひしひしと感じているそうです。Binoの特徴である「スキップフロア」には、訪れるお友達も大感動!ご主人のご両親も別荘に遊びに来るような、旅行気分で来てくださるとのこと。また、階段も段が少なく階を移動でき、老後も安心(笑)。一人娘のSちゃんもスキップフロアをまるでジャングルジム感覚で行き来しているそう。更に、一番奥の部屋を将来的には子ども部屋にする予定だそうですが、そうすることで子どもが外へ出て行くにも、部屋へ戻るにも必ず家族に合う空間となっていることも見逃せないポイントだったようです。

img_03
img_04

Binoで自然と共に暮らす

おもてなしが大好きなご家族だから、対面のキッチンも大のお気に入りポイントになりました。開放感があり、キッチンからリビング全体が見渡せ、お料理をする人が孤立しない作りは、おうちパーティーにピッタリです。DIYで自分の好みのものを手作りしてしまう器用な奥様の雑貨もお家の雰囲気をより素敵に仕上げています。

無垢の木の温かみが家全体に感じられるBinoだからこそ、太陽の光や吹き抜ける風さえも心地よく感じられます。住み始めてご夫妻がびっくりしたこととして、とにかく冬でも暖かいこと。そしてオール電化の電気代が思いのほかリーズナブルだったこと。冬暖かく夏涼しいこの家は、海が見える距離ではないけれど、より太陽や海などの自然を身近に感じられるようです。

休日には3人で海へ行くことが楽しみだというご一家。玄関横のガレージは、好きなものだけをつめこんだ空間になっています。お気に入りのサーフボード、Sちゃんの三輪車、ウエットスーツ。これから夏に向けてテラスでのバーベキューも楽しみにしているそうです。

とにかくこのBinoを隅から隅まで満喫して下さっているKご夫妻と出会うことができ、ほんとうに嬉しく思っています。これからもSちゃんの成長とこのBinOの家を見守らせていただきたいと思います。

<取材後記>
代表の西川を「に〜し〜か〜わ〜さ〜ん!」と慕ってくれる3歳のSちゃん。インタビュー中もお気に入りの曲にのってダンスを披露してくれたり、外に出でからはお家の周りに咲いているお花を西川に一生懸命説明してくれていました。こうしてお客様の生活の近くで同じく生活し、家を建てたあとも一緒に楽しい時間を過ごせることが、西川リビングの原動力にもなっています。

img_18