bino

“らしい” がたくさん!個性あふれるクリエイティブな暮らし
(綾瀬市H様)


お引き渡し:2016年7月/家族構成:夫婦

ご結婚後、横浜のアパートで暮らしていたHご夫妻。家賃+駐車場2台分の支払いを考えたら、自分たちの家を建てられるのではないかと、始めた家造り。

西川リビングのモデルハウスめぐりで西川リビングの「BinO Wave」と出会い、「これしかない!」と思われたそう。お二人のご実家の近くでの土地探しからご一緒させて頂き、2016年7月にご入居された新居にお邪魔させて頂きました。

冒頭

リビングダイニング

キッチンカウンターなどは付けず、とにかくスペースを広くとっています。天井が高く、もう一つ上のフロアにいてもお互いの気配が感じられるところがスキップフロアのいいところ。インパクトのあるクロス、一面だけブルーに塗られた壁がアクセントです。

ホビー01

ホビースペース

趣味の音楽の機材やレコードのジャケットがおしゃれに飾られています。ご友人が遊びに来ても、リビングダイニングとホビースペースを活用できるので、大人数でも難なく楽しむことができるそう。嬉しいことに、ご友人たちは「こんな素敵な家を建てたい、っていう目標ができた!」と言ってくださるそう。

ホビー02
ホビー03

ガレージスペース

まさにお二人を代表するようなスペース、ガレージ。遊び心いっぱいの一部屋です。大好きな音楽を聞きながらお酒やコーヒーをお二人で楽しむこともあるそう。どちらかお一人がガレージにいてもコミュニケーションが取れるように、小さなアンテークの窓が付いています。これはお二人の雰囲気をみて、弊社代表西川が調達してきたもの。お二人も大変気に入ってくださっていました!

ベッドルーム02

ベッドルーム

一番下のフロアーにあるベッドルーム。「寝るためだけの部屋」とされているので、ベッドとクローゼット以外、余計なものがありません。天井は低くても、同じく足の低いベッドで圧迫感はまるでありません。アクセントになっている赤いベッドとデニムのベッドカバーが他のお部屋とは違った雰囲気でとても素敵でした!

オリジナルディスプレイ

室内のディスプレーなども奥様が作ったものや、センスの光るグッズなどがたくさん飾られていました。壁に張られたウォールシールも遊び心が感じられます。今後は窓際にカウンターをつけたり、少しずつ楽しみながらカスタマイズをしていきたいそう。

<取材後記>
一つ一つをみるとインパクトのあるものがたくさんあるのに、ごちゃごちゃした感じを受けないのは、一貫したお二人のセンスがあるからこそ。「やっぱりこの家いいな〜!って毎日思います!」とおっしゃる言葉どおり、快活なお二人を表現したような空間になっていました。これからもその時の暮らしに合わせた空間にどんどんカスタマイズして、楽しく暮らしていただきたいです!

編集後記