スキップフロア住宅 メリット・デメリット!

いつもBinO湘南/西川リビングの
スタッフブログをご愛読いただきありがとうございます。
今回は営業担当の糟谷からスキップフロア住宅のメリット・デメリットを
いくつかご紹介させて頂きます!

<スキップフロア住宅とは?>
スキップフロアとは各フロアを斜めにずらして、短い階段でつないだ段差構造をもつ 住宅のことを言います。
近年、幅広い層から注目を集めているスキップフロア住宅のメリット・デメリットを ご紹介致します。

<メリット>
1. 家族の気配が感じやすい
スキップフロア住宅は家族のコミュニケーションがとりやすい住宅です。
壁ではなく、床の高さで空間を仕切るので、家族の気配が感じやすいです。
また、階段が短く、下の階と上の階の間隔が短いので家全体の一体感があります。

2. 解放感があり心地がいい
壁が少ないので、視覚を遮るものがなく空間が広く見えます。
廊下も少なく、無駄なス ペースも少ないです。
狭い土地でも、解放感のある家がいい!という方にはお勧めです
陽の光や風が入ってきやすいのもスキップフロアの特徴で、快適な生活が期待できま す!

3. お隣と目線が合いにくい
スキップフロア住宅は1.5階・0.5階の高さがある為お隣の家との目線がずれます。
BinO湘南では、1.5階にウッドデッキもしくは2.5階にスカイバルコニー(屋上バルコ ニー)が位置するので、
お隣との距離が近くてもプライベート感のある空間になります。

<デメッリト>
1. エアコンの効果に時間が掛かる
開放的な空間のため、間仕切られた室内に比べると、どうしてもエアコンがすぐに効きません。
部屋が温まるまで、冷えるまでに時間がかか るのがデメリットと言えます。

BinO湘南では気密性を高めることによって空調の効きやすい家にしています。
気密性の基準の一つである「省エネ等級4」を取得しています。
※省エネ等級は国土交通省が告示した「熱損失係数等による基準」に基づいて判定されます。
省エネ等級4は省エネ次世代型と呼ばれる高いレベルです。

2. 建築費用が高くなりやすい
一般の2階建て住宅とは異なるスキップフロア住宅は、設計・施工にかかる手が増える可能性が高いと考えられます。
それにより、建築費用が高くなる傾向があります。

BinO湘南はFC制度の規格住宅なので、基本的な図面や構造計算・熱損失計算などは本部が行っており、
ゼロから設計するよりもコストを抑えることができています。

また、常にスキップフロア住宅を建築しているので、現場の職人さん含め、スキップフロアの経験値が高くつくり慣れています。

そのため無駄なくスムーズにスキップフロア住宅をつくることができ、建築費用が抑 えられます。

3. 好みがわかれる
スキップフロア住宅は一般の2階建て住宅とは違う少し特徴的な住宅です。
人によって好き嫌いが分かれることはやむを得ないことだと言えます。
こればっかりは私どもにはどうすることもできません...。

ただ、スキップフロア住宅はとても魅力的な住宅ですので、実物を見てご自身に合う か合わないか判断してみてください♪

------------------------------------------------------------------